*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.09.19 (Sun)

J第23節 対清水エスパルス戦 

浦和浦和レッズ 1-1 清水エスパルス清水エスパルス

いやー、おもしろい試合でした。
原口と達也とキーパーと1対1の決定機。

その他にも数々のチャンスを演出。
「これが今までのフィンケ・レッズか?」という位、楽しく見れた試合でした。



が、・・・楽しいはあくまで外野として見た場合。やっぱり勝ってなんぼ。
特にこのホームで勝てない状況で、先制していながら追いつかれ、
決定機がありながら決められず。楽しかったなどと、悠長な事は言えません。


ただ、本当に内容は良くなっていると思います。フィンケの意図を超えたところで、
選手が動いているとしか思えませんが、フィンケが後出しジャンケンのように、

「やっとめざすサッカーができるようになった」

などと言い出しやしないかと心配です。


まだまだけが人が多い状況ですが、彼らが戻ってくるのも楽しみ。
彼らがいない間に若手が成長するのも楽しみな状況になってきました。

スポンサーサイト
【編集】 |  10:32 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(1) | Top↑
2010.08.29 (Sun)

J第21節 VS 鹿島アントラーズ戦 

浦和浦和レッズ 1-1 鹿島アントラーズ鹿島

勝てただろー!

と思うだけに残念な勝ち点1となりました。
試合の過程が違えば、「鹿島から3連敗を免れ、勝ち点1を手にした」
となるのでしょう。

実際、試合内容は先制点はとったし、決定機もあったけど、
ペースは圧倒的にアントラーズ。PKもあったし。

それを考えれば妥当な結果かもしれませんが、
失点がロスタイム、試合終了間際なだけに悔やまれます。


悔やまれるっていうか・・・、

何度こんなシーンを見ただろう??
DFラインの前にぽっかり空いたスペースに、ドフリーの選手が走りこんで
決められる。
今までの結果がなんで活かせないんだろう?
オリベイラもしっかりそのポイントを狙って、本山を投入。
レッズが過去の結果を修正しない限り、やられるべくしてやられた、
といった感じです。


ここらへん、監督の力量の差も感じてしまうんですけども。
うちの監督は、あくまで「自分たちのサッカー」を貫いて、貫いて、貫いて・・・。
結果はどう??



でも、サポーターが選手に力を与えていると、最近のスタジアムを見ていて思います。
ホームで選手と一緒に喜び、歓喜の歌を歌える日は近い。
【編集】 |  09:13 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2010.08.22 (Sun)

J第20節 vs 湘南ベルマーレ戦 

湘南湘南ベルマーレ 1-4 浦和レッズ浦和

降格圏内の相手から勝ち点3。
負けていればいよいよ深刻な状況になる所でしたが、
一歩手前で踏ん張りました。

相手が下だから勝って当たり前などと余裕の言葉のない状態のレッズ。
ほっと一安心といったところが正直なところです。


スピラ、初ゴールおめでとう。
守備にも最近は強さも見え始め、安定した守りになってきたところでしたが、
もうひとつの期待「ゴール前での高さ」を活かすことができました。

この(オウンゴールでなく)自力で取った1点で一気にチームの勢いが変りました。


例によって攻勢に出た最初の20分。この試合でもそこで得点できず、いやな流れでしたが、
均衡を破ったスピラの得点で、一気にゲームは動きます。


しかも、皮肉にもその得点やチャンスは、ミドルエリアからの、セルや暢久のシュートであり、
縦へ抜け出す動きと、そこへのパス。

それは、今までバイタルエリアで横パスばかりで、「なぜそれができない!!」と
ずーっと突っ込まれている事ばかりで、それが得点に結びついてしまうのだから、
「ほら見たか」「やればできるじゃねーか」と言われてもしょうがない。


それでも、次節の鹿島戦を前にいい感触が掴めたんじゃない??


えっ、京都戦の後もそんなこと考えてなかったかって??


ん~、考えてた(笑)



【編集】 |  17:48 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.08.18 (Wed)

J第19節 vs ベガルタ仙台戦 

浦和浦和レッズ 1-1 ベガルタ仙台仙台


なんとか、引き分けに持ち込めた試合。
気持ちは見えても、内容は変わらないサッカー。

降格圏チームにまたしても勝ち点献上。

そして、忍び寄るJ2の足音。



監督の肯定否定はしても、試合になればもう選手をサポートするしかありません。
【編集】 |  07:50 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2010.08.15 (Sun)

J第18節 vs 名古屋グランパス 

名古屋グランパス名古屋グランパス 3-1 浦和レッズ浦和

結果に関して言えば、2失点目が痛かった。

なかなか決定機をつくれないなかで、宇賀神のミドルシュートで同点に追いつき、
再度しきりなおし・・・、というところで、あのミスでの失点は痛かった。

結果、再度追いつこうとするレッズを横目に、グランパスの逆襲により3失点目。



しかし、本当に得点のにおいがしませんね。
ゴール前での横パス&シュートも打てずにボールを奪われる、という
なんともイライラなサッカーからは、多少改善されたか?

その1つは左サイドの宇賀神の突破。彼はサイドでボールを持っても、詰まって
バックパスという今までのパターンから脱却し、縦に勝負できる選手です。

また、その縦への突破があるから、今試合のように逆に中に切り替えしてシュート、
というのも効果的になっているのだと思います。


気になる事は
1)達也のシュートの精度。全く枠に飛んでいないような気が・・・。
  あるいは、ヒットせずボテボテとか・・・。

2)阿部、細貝が、シーズン当初はもっと2列目、1列目を追い抜き、
  フレキシブルな連動が見れたが、最近前に顔を出していない。
  (それとも、あえて出さないようにしているのか??)
3)シュートの意識が、もっとあっても良いのでは。打たなきゃ入らない。
  打てば入らなくても、別の形でもチャンスは生まれる。
  ボール回しが目的ではない。得点すること、そして勝つことが目的である。


フィンケ解任論は根強く、自分もこの先フィンケで行く事に関しては???では
ありますが、今日言って明日変わるわけでもないし、それはそれ。
サポートはサポートで続けるしかないと思っています。

名古屋戦も、サポーターも一体になってチームを勝たせようという強い意志と
まとまりがありました。今できることは、やっぱりそれしかないのでしょう。






【編集】 |  15:18 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。