*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.06.26 (Sat)

どうでもいいネタ 

日本代表が予想を超えた試合結果に、日本中が沸いた日から一日、
でもまだまだ繰り返し同じ映像が流れております。

私めも、レッズ>>>>>>日本代表ではありますが、一日本国民として、
代表には勝ち進んでもらいたいと、期待はしております。


誰もが予想しなかった快進撃に、岡田監督の評価が、手のひらを返すように
まあ、あのW杯前の内容では誰もがネガティブキャンペーン突入は当たり前。
さすがに「ほら、俺の言った通りだろ!」という人は見かけません。

岡田監督の評価アップとともに、岡田監督にW杯必勝のお守りを送った和尚さんの
評価もアップすることでしょう。ここでお参りすればご利益ありそうです。



もう一人、評価を上げているのは本田圭佑。
不思議なことは、サッカーで評価を上げているだけでなく、イケメンサッカープレーヤーと
してもランキングを上げていることです。

顔の好みは人それぞれで、決して私の好みが万人共通ではない訳ですが、
客観的に見てイケメンか?

中沢は納得する。でも本田は???

私にはどうもジミーちゃんにダブって見えてしまいます。
honda.jpg jimmiy.jpg

ちょっとゴリ系??


まあ、人の顔の事を言えるほどのものではありませんし、年寄りのひがみと思ってください。


ちなみに、吉瀬美智子を見ると、長谷部を思い出してしまいます。

kithise.jpg hasebe.jpg


スポンサーサイト
【編集】 |  08:26 |  サッカー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.06.16 (Wed)

理想と現実 

日本がカメルーンに勝ちました。

開催前は、3敗もありうるだろう。良くて1敗2分けか?などとも言われていました。
まあ、開幕前の準備の試合で、あの内容では、とても太刀打ちできないだろう、と
思うのは至極当然な事。

ただこの試合、日本は今までと全く違うサッカーをしてきました。
目指す「パスをつなぐサッカー」から、「守備を重視し、攻撃に人をかけず、外から放り込む」サッカーへ。

この戦略がはまり、わずかな決定機をきっちり決めた日本が勝利し、日本中が「歴史的勝利」と喜んでいます。

しかし、中には「こんなサッカーをしていてどうする?結果的には勝ったけど、これじゃあ日本のサッカーの未来はない」と、嘆く声もあるのも事実。

「理想」と「現実」。目指すサッカーと、今目の前の勝ち点。


これって今のフィンケレッズに対するサポの見方と似ているなあ。

「勝負なんだから勝たなきゃ意味がない。勝つことで勝利の喜びがあり、観客増にもつながる。いいサッカーをしても負けたら意味がない。そんなのはオ○ニーだ。」

「いやいや、強力なFWがいたから勝てたけど、放り込みサッカーじゃあ見ていてもつまらない。現にFWがいなくなった時点ですぐに勝てなくなった。レッズのサッカーを確立するためには、多少の犠牲を払ってでも我慢が必要だ。」


結局のところ、どっちが正しい、どっちが間違いと言うのは、ないのだと思う。ただ考え方の違いであってどっちの考え方もありなんだと思う。

もちろん、W杯は短期間での大会で、リーグ戦は一年いや毎年ずっとつづくという長いスパンの違いはあるかもしれない。でもW杯はまた4年後にもやってくる。いつかW杯での優勝というものを目指すのであれば、決して一過性のものでもない。


「目の前の勝利主義」「将来の常勝主義(もちろん今負けてもいいとうことではないけども)」。どっちの考え方も正しい。となれば、あとはトップが「どの方向で行く」という事を決めて、回りはそれについていくしかないんじゃないか?


どうしてもその方向が受け入れられないという人は、その人がそのチームを離れ、自分の考えにあったチームのサポに移るしかないよ。そうでなければ、極論ではあるがチームの方針を決定できる立場まで上り詰めるか、自分でチームを作るか?


そうでなければ…、
チーム、選手を信じて付いてゆく、と言う事になるんじゃないかな?
そういうスタンスの中でなら、愛するチームを強くするための自分なりの考えの発言、時にはそれがチームの方向と違う時もあっても良いと思うが、根本的にそのスタンスを外れた発言もちらほら目にしてしまう。ただ自分の欲求が満たされない事へのはけ口のような…。

確かにフィンケだから大丈夫、将来必ず強くなるという保証はありませんから、誰でも不安があるもの。オフトの時だって、「あんな追い越し禁止サッカーで大丈夫か?」って言ってたじゃない。


チームの皆さん、サポはそうやって、自分の中で葛藤しながら、チームを信じて付いていく道を選んでいます。それに答えるべく、最善の努力をする事はお願いしますヨ。

リーグ再開後、今週末からのオーストリア合宿で一段と成長したチームを見れることを期待しています。
【編集】 |  07:03 |  サッカー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.03.12 (Fri)

長谷部 ローマに行く? 

スポニチより

長谷部W杯後にイタリア移籍も…ローマが興味

 セリエAの強豪ローマが今夏の移籍市場でボルフスブルクの日本代表MF長谷部誠(26)の獲得を目指していることが分かった。地元のコリエレ・デロ・スポルト紙が報じたもので、今季好調で来季の欧州CL出場権獲得も決定的なローマが、新たな即戦力MFとして長谷部に興味を示しているという。

 長谷部のイタリア人代理人のシモーネ・カノーヴィ氏は「現在、ボルフスブルク側と契約延長についての話し合いはしていない。走力、戦術のインテリジェンスがあり、ACミラン、フィオレンティーナを除くクラブは皆、彼を追っている」と説明。かつてMF中田英寿氏も在籍したローマへの適応性もあるとしている。ボルフスブルク側は昨年12月、契約延長をオファーしたが、その後の交渉に進展はなし。長谷部自身も移籍を視野に入れているという。



ああ、長谷部がどんどん遠い人になっていくような・・・。

17のレプリカを着ていた身としては、
うれしいような、悲しいような。
今レッズに長谷部がいたらなあ、とついつい思ってしまいます。
【編集】 |  07:39 |  サッカー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2009.03.11 (Wed)

秋春制 

犬飼会長、秋春制の検討継続の意向示す(ニッカン)

 日本サッカー協会の犬飼基昭会長は10日、日本協会のJリーグ将来構想委員会が秋開幕、翌春閉幕の「秋春シーズン制」(秋春制)に移行しないと結論づけたことについて、「議論は不十分」として新たな組織をつくり検討を継続する考えを示した。

 秋春制導入を強く主張する犬飼会長は「委員会で決まったことが日本協会の決定事項ではない」とした上で「将来構想委とは別の組織をできるだけ早く立ち上げ、秋春制のリスクを減らすためにどうすべきか考えたい」と話した。

 将来構想委員会から結論を一任された鬼武健二委員長(日本協会副会長、Jリーグチェアマン)は9日の日本協会常務理事会で、積雪地域の競技場の整備が不十分で冬場の開催は難しく、集客の見込める夏場の入場料収入が落ち、経営面でマイナスの影響がある、などの理由から「移行はしない」と報告した。



会長さん、まだこだわっているんですね。

トップリーダーとしては「こっちに行くんだ」と旗を示すことは重要なことだとは思うんです。
現場はできない理由はいくらでもありますから、そればかりを聞いていたら何もできない。
トップが旗を示して、そうするためにはどうしたらいいかを真剣に考える。

これはこれで重要なことなのですが・・・・・、

その示す旗の意味がたぶん下には伝わっていないのかな~。
そうすることのメリットというか。

世界基準と言う意味では秋春制なのだろうけど、あえてそこに日本が合わせる
メリットは・・・う~ん、それよりも今の日本にはデメリットのほうが多い気がする。

特に北海道、東日本を含めた全国ホームタウンを唱えるのであれば尚の事。
太平洋側や、西日本など現在の大都市を中心にするというなら別ですが、
新潟だって少なくなったとは云え、雪は降りますし、冬の寒い時より、まだ夏の夜のほうが
見るには良い。(試合をする方は別かもしれませんが)

冬はアウェイ中心、夏はホーム中心とすることもできますが、そこまでしてまで
秋春製に移行しなければならないの?

ということを、秋春制を唱えるのであれば、もっと伝えてほしいナ。
【編集】 |  07:08 |  サッカー  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
2007.12.22 (Sat)

お盛んですね 

世間では、移籍市場がお盛んのようですね。
代表クラスや、スタメンクラスの移籍の話もチラホラ聞かれます。

東京Vが鹿島FW柳沢獲得へ動く<ニッカン>

 来季J1に昇格する東京Vが鹿島FW柳沢敦(30)獲得に乗り出すことが21日、関係者の話で分かった。今季37得点でJ2得点王のFWフッキが川崎Fに復帰したことから、新たなFW探しが急務。関係者は、出場機会の減少などから移籍を志願している柳沢について「リストに入っているのは間違いない。おそらく交渉することになると思う」と話した。今後、本格交渉に入る見込みだ。

 柱谷監督も「柳沢が欲しい。とにかく点を取れるやつが欲しい。経験もあるし、老け込むにはまだまだ早い」と明言。この日、就任が決まっている高木コーチとも、柳沢について話し合ったという。柳沢は現在30歳で移籍金は発生せず、すでに京都が獲得オファーを出している。



神戸がG大阪MF家長の年内獲得も<ニッカン>

 神戸が正式オファーを出しているU-22日本代表のG大阪MF家長昭博(21)の獲得が、早ければ年内に決定する見通しになった。完全移籍での獲得を目指し、既に条件は提示済み。争奪戦になっていた川崎Fが撤退し、神戸入りに1歩前進している。G大阪が天皇杯を戦っていることから、関係者は「(返事は)天皇杯後になる」と明かした。G大阪側も慰留に努めているが、クラブ関係者はこの日「(交渉は)難航している」と話した。神戸は、獲得に乗り出している広島DF駒野、大分FW松橋章にも条件面を提示しており、返答待ちの状況だ。



まあ、ニッカンはオジェック代表監記事以来、すっかり信頼を失っていますので、
話半分ですが。

家永や柳沢、松橋あたりも移籍するのでしょうか?
うちのチームはトップチームから他Jチームに移るなんていないですよね。
どちらかと言うと、海外には行きたがっているようですが。

ただ、出場機会を求めるのは、やっぱり選手であれば当たり前なのかなー
とも思います。本当は、実力で掴むものなんでしょうけどね。

今年はけが人が多く、良い意味で出場チャンスがめぐってきましたが、
メンバーを固定する監督のことなので、けが人が出なければ、
出場できなかった選手もいたのでは。

細貝のように、機会を与えることで、伸びる若手もいると思うんですけどもね。



【編集】 |  15:22 |  サッカー  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。