*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.04.10 (Thu)

既定路線? 

オジェック解任、エンゲルス監督昇格の影響がこんなところにも。

浦和福田コーチ、ドイツ留学で英才教育

 浦和コーチの福田正博氏(41)が来年1月にもドイツの名門バイエルンにコーチ留学する可能性が出てきた。業務提携を結ぶバイエルンにオフ期間を利用したコーチ派遣を計画しているクラブ幹部が、福田氏が派遣の候補に挙がっていることを明かした。将来の監督として今季、コーチ入閣した福田氏にとって大きな財産となりそうだ。

 昨オフ、浦和は3人のコーチ派遣をバイエルンに依頼。両クラブで協議した結果、今年1月に土田GKコーチの短期留学が実現。今オフはフィールド選手を指導するコーチを派遣する話し合いを進めている。福田氏は今月6日のサテライト水戸-浦和戦で事実上の監督デビューも果たし、指揮官としてのキャリアをスタート。来季のバイエルンは元ドイツ代表監督のクリンスマン氏が就任するだけに、絶好のタイミングで「帝王学」を吸収することができそうだ。

 福田氏は現役時代の94年、故障のリハビリでバイエルンを訪問した経験がある。もともとイングランドのプレミアリーグに強い興味を持っており、欧州で指導者の勉強を行うことにも前向き。浦和コーチ就任後には「どの(海外)クラブで勉強するのがいいのか考えている」と話していた。浦和の藤口社長は「本人の希望次第だが、やれることはサポートしたい」と話しており、将来の浦和監督就任を目指し、着実な英才教育を受けていくことになりそうだ。



いやいや、私も福田信者の一人ですので、いつか監督になってもらい、
今度こそ一緒に優勝を味わいたいと思っていますよ。

でも、それは経験を積み、監督としての器量も身につけてからのこと。
それがいつかは分からない。

オジェックが解任されたことで、役職?は1つ上がりましたが、
福田自身何も変わっていない。急に監督の能力が身に付いた訳でもない。

こういう記事を見ると、形ばかりの経験だけつんで、はい、次は監督。見たいにあおるような
印象を受けてしまう。
なんか「監督、福田」が一人歩きしてしまっているような・・・・。


もっとそっと見守りながら、許される失敗もしながらじっくりと経験を積んで、
それから、それからでも全然遅くはない。

私はそんな日が来ることを、あせらずじっと待ってますよ。
【編集】 |  12:08 |  浦和レッズ  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。