*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.05.11 (Sun)

第12節 vs 川崎フロンターレ戦 

浦和レッズ 1-0 川崎フロンターレ
'62 エジミウソン

順位チーム名勝点得失点
浦和レッズ2614
名古屋グランパス236
川崎F203
FC東京203



大きなチャンスもなければ、大きなピンチもなく。
でも、少ないチャンスをきっちり決める。

シュート数3本は、好くなっ!と思いましたが、相手にも12本も
打たれたっけ?という感じです。


攻撃の連係も良くなってきていますが、この試合で光っていたのは、
タイトな守備!!

シーズン当初は、ボールを持った相手についても、間合いが広く、
好きにさせていた感がありましたが、チームの調子が上がるにつれ、
相手にガシガシと、厳しくあたり、好きにさせなくなりました。
中盤はもちろん、前線からのプレッシャーも効いてます。

この試合も川崎が自分たちのサッカーが出来なかったのは、
そこのところが大きいと思います。


そんなプレーを見ていると、一人ひとりが手を抜かず、チームのために
献身的にプレーしている感がして、うれしくなってしまいます。
そんな献身的なプレーが攻撃としても、連係として生まれてきているのでは
ないでしょうか?


上位相手に逆転で4連勝してきた攻撃的なチーム相手に、
雨の中のアウェイでの試合。
内容以上に大きな勝ち点3だったと思います。




【編集】 |  12:11 |  浦和レッズ試合結果2008  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
こんばんは。

確かに川崎のシュート12本もありました?って感じでした。
闘莉王が負傷の影響で、いつもより攻撃参加を自重気味だったのが、バランスが大きく崩れなかった要因の一つかもしれません(笑)
悪天候の渋いコンディションの中だと、DF力ってのは大きな武器ですね。
Redina |  2008年05月11日(日) 22:09 | URL 【コメント編集】
★>Redinaさん
好きにはできなかったけど、好きにもさせませんでした。

闘利王は後半運動量も落ちてましたが、変えられないところに
今はやっぱり「闘利王だのみ」なんだなあと、思ってしまいました。

長岡赤好きん |  2008年05月12日(月) 12:02 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。