*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.05.17 (Sun)

緊張と満足の90分-J第12節 vs ガンバ 

浦和浦和レッズ 0-0 ガンバ大阪ガンバ


去年が去年だけに、ガンバには勝ちたかったなー。

でも、試合内容には満足です。確かに勝てはしませんでしたが、
ガンバ相手に内容では圧倒。

TVでは西野監督の試合前のコメントとして

「レッズの新しいサッカーをガンバのサッカーでギャフンと言わせる」

みたいなコメントがありましたが、結果は、

非常にタフなゲームで、ガンバにとっては本当に2試合分ぐらいのディフェンスをさせられたかなという感じ。自分たちの本来のスタイルであるポゼッションというものは、あまり取り切れなかったゲームだと思う。



逆にフィンケ監督は、

引き分けたにも関わらず、今日の選手たちのパフォーマンスには非常に満足している。選手たちは今日、全選手が優れたプレーを見せたと思う。今日は引き分けという結果に終わったが、相手のチームよりたくさんの得点チャンスを作り出していたので、本当なら私たちの方が勝利に近かったんじゃないかと思う。



まさに、その通り。してやったりです。
90分間緊張しっぱなしの、そして最後に満足感のある試合でした。


今試合は、守備の意識が高かった。それも前線、中盤からの守備。
相手がボールを持っても、しつこい守備、2人、3人と囲んで取る。

相手の得意なポゼッションサッカーを根こそぎ分解です。
1週間の間隔が休養と戦術確認に良かったのでしょう。


レッズはポンテ不在にもかかわらず、直輝の奮闘、エジとのコンビ
決定的なシーンを演出します。もちろん2人に頼るわけではなく、
全員がそれぞれの役割と持ち味を発揮。

逆にこれだけの内容で点が取れなかったことは残念。
マイナスの折り返しを「シュート!」と思いきや、さらに逆サイドへ。
なんてシーンを見ると、もうちょっと積極性があっても良いのでは。
確実を求めるのも良いのですが、やっぱりシュートを打たなきゃ
ゴールは生まれない。


この内容だけに、やっぱり勝ちたかったと言うことはありますが、
選手の自信にもつながるゲームだったと思います。

【編集】 |  07:29 |  浦和レッズ試合結果2009  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
ガンバの西野監督のコメントを見ると、今日ばかりは( ̄ー ̄)ニヤリって感じです。
だからこそ勝ちたかったんですけど、それは万博へ持ち越しということにしておきましょうw
シュートの意識ってのは、やっぱり見ていた人みんなが感じている課題みたいですよね。
シュートは打たなきゃ入らない!
勝ちきるには、その積極性が必要です。
次はそこを出せるように期待したいですね~。
Redina |  2009年05月17日(日) 10:10 | URL 【コメント編集】
★>Redinaさん
こんにちは。

前節、川崎戦の修正ができていて、ほっと一安心です。
また次の試合が楽しみです。
長岡赤好きん |  2009年05月17日(日) 14:52 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。