*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.07.05 (Sun)

アシストだけかよ~ J第17節 VS モンテディオ山形戦 

浦和浦和レッズ 3-2 モンテディオ山形モンテディオ山形

かなりひやひやした内容でしたが、勝ちました。
苦戦したのは、後半逆転してからの怒涛の攻撃にもかかわらず、
追加点が取れなかったこと。結構自分たちのペースでボールを
持てたし奪えたし、「なんとか守れるさ」的な油断があったこと
でしょうか?

失点以外では、よくボールも回り、人も動き、サイドから相手の裏に
進入。ゴール前への決定的な球が来てましたし、相手ボールの時には、
厳しいチェックですぐにボールを奪う。めざすサッカーが出来ていたのでは
ないでしょうか?

逆にそこをかいくぐられてカウンターになった時には、まだ不安があります。



まあ、それは今後の課題として、この試合はなんと言っても「タカ」。
1点目はペナルティ内で相手を押さえながらあれよあれよと突入。
ニアの狭いところに「ドゴーン」と決めてくれました。

そして2点目。闘のシュートに当たっちゃたかと思いきや、
頭出して、反応してます。」
スゲ

試合後の監督のコメントも、

「そろそろ観客の皆さんも、高原とエジミウソンが一緒にプレーすることができる、同時にピッチに立って、一つのチームの中でプレーすることができるということを感じるようになったのではないでしょうか。」



浦議、見てました?エジ・タカは合わないと言っていた人は、
「校長先生、ごめんなさい。」ですね。


そして、実は結構目立っていたのが、お闘さん
いや、上がる、上がる。阿部ちゃんや啓太には何の遠慮もありません。

1点目のPKは自分が倒されたもの。しかも蹴るのはエジ。
2点目も自分のシュートをタカが横取り。(もともと枠には飛んでなかったようですが・・・)

得点を決められなかったことが悔しかったのか、タカのヘディングのゴールが
決まっても、表情は「チェッ。」みたいに見えましたヨ。



お闘さん、まあ落ち着いて。

【編集】 |  06:34 |  浦和レッズ試合結果2009  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
お闘さんw

これは中々良い呼び名ですね。
こんど使わせていただきますw

山形はゲームプランがしっかりしていて、それに従って良いサッカーしてきましたよね。
浦和がそのサッカーの前に後手に回ってしまったのはいただけないですが、
それでも勝てたのでホッとしてます。

そんな中でやっぱり高原の動き、キレてましたよね。
あのペナ内へドリブルで突撃してニアサイドぶち抜いたシュートは、
「高原が戻ってきた!」って感じでした。

本人的にはまだまだだそうなので、これからもっと期待したいですw
Redina |  2009年07月05日(日) 16:56 | URL 【コメント編集】
★>Redinaさん
こんにちは。

「本人的にはまだまだ」ですか。頼もしい限りです。

達也が戻ってきたら、良い意味で悩みが増えそうです。


お闘さん。あまりわがまましていると、
そのうち「もう、お闘ちゃんたら~」とちゃん付けになっちゃいそうです。(笑)
長岡赤好きん |  2009年07月06日(月) 08:08 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。