*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.06.16 (Wed)

理想と現実 

日本がカメルーンに勝ちました。

開催前は、3敗もありうるだろう。良くて1敗2分けか?などとも言われていました。
まあ、開幕前の準備の試合で、あの内容では、とても太刀打ちできないだろう、と
思うのは至極当然な事。

ただこの試合、日本は今までと全く違うサッカーをしてきました。
目指す「パスをつなぐサッカー」から、「守備を重視し、攻撃に人をかけず、外から放り込む」サッカーへ。

この戦略がはまり、わずかな決定機をきっちり決めた日本が勝利し、日本中が「歴史的勝利」と喜んでいます。

しかし、中には「こんなサッカーをしていてどうする?結果的には勝ったけど、これじゃあ日本のサッカーの未来はない」と、嘆く声もあるのも事実。

「理想」と「現実」。目指すサッカーと、今目の前の勝ち点。


これって今のフィンケレッズに対するサポの見方と似ているなあ。

「勝負なんだから勝たなきゃ意味がない。勝つことで勝利の喜びがあり、観客増にもつながる。いいサッカーをしても負けたら意味がない。そんなのはオ○ニーだ。」

「いやいや、強力なFWがいたから勝てたけど、放り込みサッカーじゃあ見ていてもつまらない。現にFWがいなくなった時点ですぐに勝てなくなった。レッズのサッカーを確立するためには、多少の犠牲を払ってでも我慢が必要だ。」


結局のところ、どっちが正しい、どっちが間違いと言うのは、ないのだと思う。ただ考え方の違いであってどっちの考え方もありなんだと思う。

もちろん、W杯は短期間での大会で、リーグ戦は一年いや毎年ずっとつづくという長いスパンの違いはあるかもしれない。でもW杯はまた4年後にもやってくる。いつかW杯での優勝というものを目指すのであれば、決して一過性のものでもない。


「目の前の勝利主義」「将来の常勝主義(もちろん今負けてもいいとうことではないけども)」。どっちの考え方も正しい。となれば、あとはトップが「どの方向で行く」という事を決めて、回りはそれについていくしかないんじゃないか?


どうしてもその方向が受け入れられないという人は、その人がそのチームを離れ、自分の考えにあったチームのサポに移るしかないよ。そうでなければ、極論ではあるがチームの方針を決定できる立場まで上り詰めるか、自分でチームを作るか?


そうでなければ…、
チーム、選手を信じて付いてゆく、と言う事になるんじゃないかな?
そういうスタンスの中でなら、愛するチームを強くするための自分なりの考えの発言、時にはそれがチームの方向と違う時もあっても良いと思うが、根本的にそのスタンスを外れた発言もちらほら目にしてしまう。ただ自分の欲求が満たされない事へのはけ口のような…。

確かにフィンケだから大丈夫、将来必ず強くなるという保証はありませんから、誰でも不安があるもの。オフトの時だって、「あんな追い越し禁止サッカーで大丈夫か?」って言ってたじゃない。


チームの皆さん、サポはそうやって、自分の中で葛藤しながら、チームを信じて付いていく道を選んでいます。それに答えるべく、最善の努力をする事はお願いしますヨ。

リーグ再開後、今週末からのオーストリア合宿で一段と成長したチームを見れることを期待しています。
【編集】 |  07:03 |  サッカー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。