*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.08.15 (Sun)

J第18節 vs 名古屋グランパス 

名古屋グランパス名古屋グランパス 3-1 浦和レッズ浦和

結果に関して言えば、2失点目が痛かった。

なかなか決定機をつくれないなかで、宇賀神のミドルシュートで同点に追いつき、
再度しきりなおし・・・、というところで、あのミスでの失点は痛かった。

結果、再度追いつこうとするレッズを横目に、グランパスの逆襲により3失点目。



しかし、本当に得点のにおいがしませんね。
ゴール前での横パス&シュートも打てずにボールを奪われる、という
なんともイライラなサッカーからは、多少改善されたか?

その1つは左サイドの宇賀神の突破。彼はサイドでボールを持っても、詰まって
バックパスという今までのパターンから脱却し、縦に勝負できる選手です。

また、その縦への突破があるから、今試合のように逆に中に切り替えしてシュート、
というのも効果的になっているのだと思います。


気になる事は
1)達也のシュートの精度。全く枠に飛んでいないような気が・・・。
  あるいは、ヒットせずボテボテとか・・・。

2)阿部、細貝が、シーズン当初はもっと2列目、1列目を追い抜き、
  フレキシブルな連動が見れたが、最近前に顔を出していない。
  (それとも、あえて出さないようにしているのか??)
3)シュートの意識が、もっとあっても良いのでは。打たなきゃ入らない。
  打てば入らなくても、別の形でもチャンスは生まれる。
  ボール回しが目的ではない。得点すること、そして勝つことが目的である。


フィンケ解任論は根強く、自分もこの先フィンケで行く事に関しては???では
ありますが、今日言って明日変わるわけでもないし、それはそれ。
サポートはサポートで続けるしかないと思っています。

名古屋戦も、サポーターも一体になってチームを勝たせようという強い意志と
まとまりがありました。今できることは、やっぱりそれしかないのでしょう。






【編集】 |  15:18 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
こんばんはー。

試合の映像を通しで見れなかったので、細かいところは良く分かりませんけど、
ホントにあの2失点目は痛かったですね。
流れが悪いとあんな風に弾いたボールもゴールに入ってしまうと……
3失点目は坪井のミスだけではないような気がします。
全体に染み付いたバックパスの姿勢が、あんな形でミスにつながってしまったりするのかな、と……


>3)シュートの意識が、もっとあっても良いのでは。打たなきゃ入らない

とにかくこれに尽きますね。
宇賀神のシュートは打ったからこそ入った訳ですし。

次節の仙台戦は、がむしゃらに勝ち点3を取りにいってもらいたいです。


Redina |  2010年08月15日(日) 20:36 | URL 【コメント編集】
★>Redinaさん コメントありがとうございます
やられているのは、「あーそこで打たないでくれー」というところで、
シュートを打たれて失点。逆に「そこで打て!!」というところで、
打たずに相手に取られる。

意識の差とはそういうとろこでしょう。
長岡赤好きん@管理人 |  2010年08月15日(日) 21:25 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。