*All archives  *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.08.10 (Tue)

J第17節 vs ヴィッセル神戸戦 

神戸ヴィッセル神戸 0-1 浦和レッズ浦和

もう、怒る気もしなくなりました。


10人相手に、2試合とも負け。しかも完封負けです。
1点も取れないんですヨ。


何が人もボールも動く「ワクワク」するサッカーでしょうか?



今年は上を目指すのはもう終わったな。とてもこのサッカーで勝てる気がしない。
あとは下を見ながら、なんとか踏ん張れればそれでいいや。

さすがにJ2だけは勘弁。
でも、下のチームに、異様に勝ち点献上してるよね。

J2行きは最下位(現在:京都)だけじゃないんだぞ。
3チームも行くんだからね。

【編集】 |  07:11 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.08.01 (Sun)

J第16節 vs 大宮アルディージャ 

浦和浦和レッズ 0-1 大宮アルディージャ大宮

大勝の後の試合は、コロッと負けると書きましたが、本当にそのとおりに
なってしまいました。

引いた相手を崩せないというのも、相手が10人になり、いつもどおりでした。



内容的には、攻めていました。そりゃ相手は10人でしたから。
でもこの試合は絶対勝たなくてはならない試合でした。たとえ内容が悪かったとしても。

相手が10人、さいたまダービー、相手は降格圏内。そして連勝でチームが波に乗る。
色々な意味で、たとえ思うような試合ができなくても、たとえ自分達の理想のやり方を
変えたとしても、勝たなければならない試合でした。


しかし、自分達の(というよりフィンケのチャンスを作り出す)サッカーに固執するあまり、
チャンスは作れても得点できないサッカーに終わってしまいました。


首の皮一枚、つながっていたフィンケですが、とうとうその皮が「プチッ」と切れる
音がしました。



セルは何しにピッチに入ってきたんだろう?後半開始早々のチャンスでははずし、
あとは前線に張って、手を広げてボールを待ってばかり。それがセルに期待された
事なのだろうか?引いた相手を崩す有効な手段のである得意?のドリブルでも突破できず。
(これもフィンケから禁止されているのかも知れません。サイド攻撃に徹しろと。)


宇賀神が入るときには、入ったばかりでもセルを下げて、サヌを前目にする位して欲しかった。
平川だって決して悪くはなかった。



フィンケが頑なにフィンケ流を突き通す限り、来年もこのままだな。
これで1年半たって進歩が見られないし。

とりあえず、降格だけは堪忍して欲しい。ACLに何とか出場できたら、フィンケは続投に
なってしまうのだろうか??それもどうなんだろう?

【編集】 |  10:23 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2010.07.29 (Thu)

J第15節 vs 京都サンガ 

京都京都サンガ 0-4 浦和レッズ浦和


フィンケさん、首の皮一枚つながりました。

最下位、そして監督が交代したばかりのサンガに負ける様じゃ、
もう後はありませんでした。(とは言え、意外とコロッと負けることの多いレッズですが・・・。)


ただ、サンガがあまりにも悪すぎた、というのが実情で、決して喜んでばかりはいられません。
上位陣相手に、このサッカー、この結果が残せるかというと、まだまだ???な部分が多いです。



とは言え、勝ったことは素直に喜ぶべし。


スピラ、良かったなー。宇賀神初ゴールおめでとう。
サヌ、バク転はやりすぎでしょ。(いや見れて良かったけど・・・。)





次はホームでダービー。降格圏内のチーム。
負ける訳にはいきませんョ。(でも大勝の後って、レッズやばいんだよね。)

【編集】 |  20:32 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.28 (Wed)

第14節 VS サンフレッチェ広島戦 

浦和浦和レッズ 0-1 サンフレッチェ広島広島

もやもやを吹っ飛ばせー!と乗り込んだ現地でしたが、
もやもやをふっ飛ばすどころか、深い霧の中に迷い込んだ気分です。

まったく出口が見えません。


一言、
「こんなレッズに誰がしたー!」


勝ち負けはもちろんありますが、結果的に勝てなかったとしても
納得のいく試合もある。
勝てなかったとしても、選手を讃えたい試合もある。


しかし・・・、しかしこの試合はなんだ(怒)!!


前に向かっていくでもなく横パス、負けているにもかかわらずロスタイムでも
それは変わらず。

昔のレッズが良かったとは言わないが、福田のドリブル、岡野の突進、
ギドのスライディングと戦う姿勢が感じられた。

しかし今はどうだろう?


試合後の宇賀神コール。サヌの守備うんぬんというのはあるかもしれないが、
自分的には、宇賀神の、あの縦に仕掛けて行く姿勢が必要だと思う。

昔の杉山がそうであったように・・・。


こんなレッズにどうしてなってしまったのだろう?

一度優勝をして、世界にも出て、世界に通用するためには、もっと強くなるんだと、
誰もが思ったはず。

フロントが悪いのか?監督か?選手か?サポーターか?


今更、犯人探ししても、今の状況は変わらない。きっとそれぞれに原因はあるんだろうし。

それよりもこれからだ。

「放り込みサッカーから、ポゼッションを上げ、パスで崩すサッカー。
人もボールも動くサッカー」この方向性は間違っていないと思う。

とすると、間違っているのはそこに行くまでのやり方だ。


やり方を変えるとすると・・・・。監督が変わるか、監督がやり方を変えるか。
これしかないよ。


フィンケさん、あなたが浦和を変えてくれると思ってがまんしてきた。
しかしレッズのサッカーは良くなっただろうか?


そろそろ現実に目を向けてくれ。あなたの今まで積み重ねてきたものはすばらしいのかもしれないが、
それがそのまま、今の浦和にあっているとは思えない。その経験をもとに、今の浦和に、今の
浦和に選手にあったやり方を示してくれ。


でないと、監督変われと言わないといけない。

【編集】 |  13:46 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(0) | Top↑
2010.07.19 (Mon)

第13節 vs ガンバ大阪戦 

ガンバガンバ大阪 3-2 浦和レッズ浦和

一日経ちましたが、まだまだ立ち直れません(泣)。
それほどショックな敗戦でした。

そのまま1-2で負けたほうが、よっぽど傷は浅かったんじゃないか?



こんなお笑いな点の取られ方は、鹿島スタジアムの福田の初得点の時のようだ。
ロスタイムの失点も、お決まりのよう。



オーストリアの時差ボケがまだ治らないのか??
それとも埼玉と大阪には時差があって、また時差ボケになったのか??



チームの、フィンケの目指すものには賛成だが、こうも進歩が見られないと
絵に描いた餅状態。去年の夏の反省を活かすためにオーストリアに行ったんじゃ
ないのか?中断前の修正にオーストリアに行ったんじゃないのか?

どこが、どう変わったのか、俺には分からない。



くっそー、しょうがない。現場でこの目で確かめてやる!!

次節、次々節と参戦だー!!!
【編集】 |  13:53 |  浦和レッズ試合結果2010  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。